このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

麻生太郎の言葉

金融危機の一色で、大変なことになっている。

いろいろ心配を抱えている人も多いのではないかと思う。

経済問題のことだけでなく、それぞれ仕事上の悩みをあるかもしれないし、
プライベート上で問題があるかもしれない。

とにもかくにも、悩みのうちに、もがき苦しんでるというのが昨今の時代の空気だと推察する。

「悩む力」という本が売れていると聞く。

実際、私も読んだし
私の周りも読んだ人が多い。
やっちゃばの士さんとか。
http://19971129.blog47.fc2.com/blog-entry-151.html
(なかなかうまくまとまっていておもしろい。オススメ。)

こういったタイトルの本を手に取る人がおおいということは、
時代を反映していると思う。

で、今日は、本の話をしたいわけではない。

麻生太郎の所信表明演説の話をしたいのだ。

実は遅ればせながら、今日、やっと麻生太郎の所信表明演説を
読んだのだけど、これが、いいのだ。

http://www.asahi.com/politics/update/0929/TKY200809290138.html

民主党に対する批判をしていて、まるで野党のようだとか、
批判されているということは聞いていたが、
どうしてどうして、しゃれた文体で
調子もよく、なかなかにメッセージがある。

ちゃんと原典をあたってみるもんである。

いいな、と思ったのは以下のところ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この言葉よ、届けと念じます。ともすれば、元気を失いがちなお年寄り、若者、いや全国民の皆さん方のもとに。

 申し上げます。日本は、強くあらねばなりません。強い日本とは、難局に臨んで動じず、むしろこれを好機として、一層の飛躍を成し遂げる国であります。

 日本は、明るくなければなりません。幕末、我が国を訪れた外国人という外国人が、驚嘆とともに書きつけた記録の数々を通じて、わたしども日本人とは、決して豊かでないにもかかわらず、実によく笑い、微笑(ほほえ)む国民だったことを知っています。この性質は、今に脈々受け継がれているはずであります。蘇(よみがえ)らせなくてはなりません。

 日本国と日本国民の行く末に、平和と安全を。人々の暮らしに、落ち着きと希望を。そして子どもたちの未来に、夢を。わたしは、これらをもたらし、盤石のものとすることに本務があると深く肝に銘じ、内閣総理大臣の職務に、一身をなげうって邁進(まいしん)する所存であります。

 わたしは、悲観しません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これをよんで、灯台のような言葉だなって思った。

不安や悩みをかかえていると、目の前のことしか見えなくなり、
ともすれば、息苦しく閉塞感にさいなまれてしまう。

でも、この根拠はないけど、

”日本は、強くあらねばなりません。”
”日本は、明るくなければなりません。”

と、唐突にいわれてしまうと、
うつむいていた顔を、ちょっと上げてみようかなと思えたりする。

いろいろと難しい状況になっている麻生総理ではあるが、
こういう灯台のような言葉を吐けるのって
なんかいいなと思う。


悩む力 (集英社新書 444C)悩む力 (集英社新書 444C)
(2008/05/16)
姜尚中

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2008/10/08(Wed)  未分類コメント(8)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

[58]No title
【ウェブ】http://seikatsusekkei.blog88.fc2.com/
【メール】

やまいもさんや、やっちゃばさんも読んでいてオススメされるなら、読まないワケにはいけませんね^^

政治に疎いボクですが、麻生さんなかなかいいこと言いますねー
ボクも笑いを忘れずにいくゾ!

  • 2008/10/09(Thu) 06:55
  • リックルハング
  • 編集 ]
[59]No title
【ウェブ】
【メール】

ワタシは、この金融危機は、
怖くて怖くて仕方ありません。
きっと、こういう不安なときこそ
その人の考え方が生き方に大きくあらわれるんじゃないかと思います。

こういう危機のときに、
強く明るくいられる麻生さん やまいもさんは素敵ですね!

  • 2008/10/09(Thu) 21:52
  • きらきら
  • 編集 ]
[60]No title
【ウェブ】http://gokujoubusiness.blog120.fc2.com/
【メール】

こんばんは~。

麻生さんの言葉、僕もニュースでちょっとフレーズを聞いただけだったんで、少し驚きでした。

僕は、
「幕末、我が国を訪れた外国人という外国人が、驚嘆とともに書きつけた記録の数々を通じて、わたしども日本人とは、決して豊かでないにもかかわらず、実によく笑い、微笑(ほほえ)む国民だったことを知っています。」
の部分が好きです。

やみくもに「明るい未来」を主張されるよりも、こうやっていくぶん美化された過去を主張される方が元気が出るんじゃないかな、と僕は思うのです。
「ああそうか。自分たちはかつてこうであったんだな」なんて、ほのかではあるが確実な希望かな、と。

ま、麻生さんの言葉、なんかいいな、と僕も感じました。

  • 2008/10/09(Thu) 22:13
  • ドクエメット
  • 編集 ]
[61]No title
【ウェブ】http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/
【メール】

日本人が忘れかけていた言葉かもしれませんね。

麻生さんは、いろいろと言われていますが、リーダーシップを持った首相ですね。

自民党は・・・ですが、小沢一郎は好きじゃありません。あの棒読みのスピーチ、熱意が全く伝わってきません。
小沢ブランドに頼らなければならないのが情けないですね。

  • 2008/10/10(Fri) 15:38
  • gonsuke
  • 編集 ]
[62]リックルハングさん
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

>ボクも笑いを忘れずにいくゾ!

そうですね。
「口角をあげて、あげて」
というのは、僕も意識しています。


  • 2008/10/11(Sat) 12:43
  • やまいも
  • 編集 ]
[63]きらきらさん
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

これからどんな未来がまっているのか
解りませんが、
不安なときこそ、
明るくありたいものですね。




  • 2008/10/11(Sat) 12:47
  • やまいも
  • 編集 ]
[64]ドクエメットさん
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

過去を美化すること。
大いに結構じゃないでしょうかね。

それによって、僕らが力が得て
未来に進んでいく力になるのであれば。

もちろん変な方向に進んでいくのは、注意しないといけませんがね。



  • 2008/10/11(Sat) 12:50
  • やまいも
  • 編集 ]
[65]gonsukeさんへ
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

麻生さんの政策や
自民党の政策というのに
対しては、賛否両論あるでしょうが、

リーダーとしての
明るさ、芯の強さ
といったものには、
見るべきものがある
というのが、僕の麻生太郎評です。

ただ、危険だと思うのが
解り易い
”日本は強くあらねばならない”
という部分だけで、麻生太郎、
いいんじゃない、ってすることです。



  • 2008/10/11(Sat) 12:56
  • やまいも
  • 編集 ]
▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。