このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

ストックとフロー

世の中には、二元論というのがあって、
世の中の物事、有様といったものを
二つに分類するというやり方がある。

その二元論のひとつとして、
ストックとフローという考え方がある。

その中で、僕らの時間の投入の仕方として、
ストックとフローというのがあるなと思ったので、
今日はその話。

フローとは、ニュースとか、天気予報とか、
その場でしか価値がないような、
流れ行くもの、といったもののことだ。

テレビのバラエティー番組なんていうのも、フローだ。
(だって、1年前の「行列ができる法律相談」とか
見たいと思わないでしょ。)

それに対して、不変的な価値をもっていて、
ずっと待っていてくれるもの、それが
ストックだ。
たとえば、本、映画、勉強なんていうのもストックだ。
ずっとやってみたかったこと、なんてのもストックのうちだ。

もちろん、人によっては、
ブログや雑誌なんていう
中間に位置するものもあるのだが、
自分の中で、それらを分類していくと面白い。

なぜかというと、ストック、フローのどちらに時間を投入しているかで、
生活の満足度が違っているからだ。

ストックとフローの明確な境界線は、
それが、「受動」か「能動」かである。

フローは、流れ行くものを、受身で受け取る
といった態度であるのに対して、
ストックは、目的意識をもって、
能動的に獲得していくといったニュアンスがある。

どちらがよい、悪いというものでもないと思うが、
フローに流されすぎると、漫然と生活しているようで
生活への満足度が少なくなっていくようだ。

それは、フローよりストックのほうが
往往にして、価値が高いことが多いからだ。
まとまった本のほうが、断片的なネットのニュースなんかより
ずっと読む価値はある。
そして、価値のあるものに接する時間が長いほうが、
当然、自分満足度は高くなるということだ。

しかし、ともすれば、我々は、フローに過度に流れてしまいがちだ。
というのも、フローのほうが一時的な満足感が高いし、
流れていってしまうから、今すぐに獲得しないといけないという
「緊急性のわな」にはまってしまうからだ。
無駄な情報であっても、「緊急」とか「NEWS」といわれると、
ついつい、見てしまう、または読んでしまうでしょ。

そして、目的意識から遠ざかったところで、
一日の大半をすごしてしまうという、
自分自身をコントロールできていない感じで、
無為な徒労感のうちに一日を終えていくのだ。

そこで、大事なのは、フロー中心の生活からストック中心の生活へ
変換を図ることである。

それには、まず、小さなところからコントロールを取り戻すことだ。
目的意識をもって、自身をコントロールすることなのだ。

それに、最適なのが「プロジェクトマネジメント」の考えを生活に取り入れることだ。

プロジェクトマネジメントとは、簡単にいえば、
QCD(品質、コスト、納期)を守った上で、所与のスコープを満足させることだ。

たとえば、手始めに部屋の掃除プロジェクトをやってみるとよい。

品質は、お客様がきてもよいくらいレベル。
コストは、夫婦二人で、2人時。(自給2000円くらいだとすると、4000円くらい?)
納期は1時間後。

といった具合。

そうやって、段取りを考えて、作業分担を考えて、タイムマネジメントを意識して
作業することにより、次第に前頭葉の機能が復活してくるのだ。

自分にコントロールを取り戻す大変よいきっかけになるだろう。

スポンサーサイト
2008/09/14(Sun)  未分類コメント(2)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

[35]No title
【ウェブ】http://19971129.blog47.fc2.com/
【メール】

こんにちは。
フローとストックおもしろい考え方です。
自分をコントロールすることを意識的にしないと、簡単に目にした情報に流されていきますね。

情報はすべて意図的です。すなわち情報の作り手は、ヒトをコントロールする意図で情報を発信します。コントロールされることがいいか、悪いかは別にして、私たちは意識して情報と向き合わないと、容易に相手のコントロール下に置かれることになってしまいます。私もそんなカモの一人なのですが・・・。

  • 2008/09/16(Tue) 16:00
  • やっちゃばの士
  • 編集 ]
[37]No title
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

やっちゃばの士さん

こんばんは。

>簡単に目にした情報に流されていきますね。

本当にそうですね。僕は最近、フローに流されてるな、と思ったら目をつぶるようにしています。

”わき目をふる”なんていう表現があるように、視覚というのは、集中をしたいときには邪魔になることが多いようです。

>そんなカモの一人なのですが・・・。

僕もカモです。電車のつり革広告とか、ついつい見てしまいますもの。

”コントロールする意図をもつ”
大事ですね。

  • 2008/09/17(Wed) 22:09
  • やまいも
  • 編集 ]
▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。