このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

相続税100%の論理

今宵も続いて、相続税の話なのだ。

前回、相続税はとってもメリットが大きいように思うけど、
金持ちが海外に移住しちゃうのが、唯一の懸念点だ、
という話をした。

ここで、構図とては、金持ちVS小市民
という対立関係になっているところがポイントだ。

つまり、「一方が損して一方が得する」
こうなっていると、ニッチモサッチモイカナイ
となってこう着状態になってしまうのだ。

しかし、こう着状態なったときこそ、
もうひとつ上の視点が必要になってくる。

キーワードは、「やさしさ」である。


ここで、ちょっと回り道。

なぜ、たばこの増税が必要なんだろうか?

「財源確保?」
「とりやすいところからとるため?」

まあ、いずれもあるだろうけど、ホントのところは、

「国民を幸せにするため」

だ。

その論理はこうだ。

タバコを吸う人は、年収にして200万ほど損をしている。
なぜなら、タバコを多く吸う人ほど幸福度が低いからだ。
一方、年収が高いと幸福度は高い。
で非喫煙者の喫煙者との幸福度の差を
年収の金額で埋めようとすると、200万ほどかかる
というのが、200万という数字になる。

では、なぜタバコを吸う人は、不幸かというと、
それは、せっかちだからだ。
せっかち、すなわち、現在の一時的な満足を優先して
将来のための行動をとらない、いわば、「後回し行動」
がおおいからだ。

この後回し行動の、典型的な行動例が
中毒財の消費である。

中毒財の消費は、よりせっかちな性格を強化し、
それがまた、中毒財の消費を促進するという
そういった悪循環を発生させるという特徴をもつ。

このため、一旦中毒財を消費するようになると
自分をコントロールすることができなくなり、
その結果’幸福度’が低下するというメカニズムだ。

で、この不幸の連鎖をたってあげるには、
それなりの環境を用意してあげる必要がある。

そのすばらしい環境を提供してあげるという
やさしいやさしい政策が、タバコの増税というわけである。

これと、同じ話が、相続税の場合にも言える。

賢い、考えのしっかりした、お金持ちは子供にお金を与えない。

なぜなら、子供にお金をあたえると、ろくなことにならないということを
知っているからだ。
一時的にお金によって満足感を得るより、
お金の大切さを身につけて、それによって将来お金を稼ぐ
能力を鍛えたほうがよいと考えるからだ。


しかし、みんながみんな賢い親であるとは限らない。

だから、強制的に賢い親に、日本国中のすべての親になってもらおう
という、たいへんやさしい、やさしい、親心にみちた政策、

それが、相続税100%なのである。


いかがだっただろうか?

やさしいかっただろうか?



スポンサーサイト
2008/09/09(Tue)  未分類コメント(2)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

[32]No title
【ウェブ】http://gokujoubusiness.blog120.fc2.com/
【メール】y.flatfish@gmail.com

おはようございます~。

相続税100%には基本的に賛成です。
スタートの平等は極力確保すべきだと思いますから。
とは言え、金銭的に平等であっても、容姿とか能力とかの遺伝はどうにもならないんですが。。。

「タバコをやめさせるためのやさしい政策」のような特定の思想を正しいと考えて、その思想に従おうとしない人を矯正するために権力を積極的に発動させようとする考えを「パターナリズム」と言います。
このパターナリズムにはいろんな問題があるんです。
ざっくり言うと一般的にパターナリズムは「個人の自由」と対立して、僕は「自由」派です(このあたり、書き出すと異様に長くなるのでこのへんで)。

ま、国が本当に「やさしさ」を発揮したいなら、タバコを違法にすりゃいい話なんですけどね~。


  • 2008/09/09(Tue) 06:31
  • ドクエメット
  • 編集 ]
[33]No title
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

ドクエメットさん

とってもすばらしい指摘ありがとう。

「パターナリズム」って言うんですか?

まったくそのとおり。ちょっと危険でしたかね。

論理って恐ろしいですね。

論理というのは切れ味が鋭い分、ひとつ間違えると、ものすごく間違った方向にいってしまうという、そういう怖さがあるようです。

自戒しないといけませんね。

とっても重要なことに気づけた気がします。



  • 2008/09/10(Wed) 01:26
  • やまいも
  • 編集 ]
▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

やまいも

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。