このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

自分ブログ

自分ブログをかくこと、
これが結構快適だ。

一日、観察したことを中心にかく
ということをやる。

自分の心の中の観察ということで、
内面で思ったことを書くのでもよい。

兎に角、思ったことを、どわぁっと
勢いに任せて書く。

普段のブログのエントリー分くらいを、
ノンストップで、5分くらいで書く。

ちゃんとした文章になっていなくなって全然いい。

ちょっとした、単語の羅列だってよい。

兎に角、勢いに任せて、書いて書いて書きまくる。

兎に角、自分のありのままを垂れ流す。

こつは、勢い、適度ないいがげんさ。


こうするとね、

霧がはれるのだ。
以前、「不安から解消される方法」というエントリーのなかで、
書くことは忘れること、という話をした。

http://sisousei.blog33.fc2.com/blog-entry-65.html

これも、その一種で、書いて、整理して、忘れる。
こうして、エンドレスで非生産的なループから脱却できる。


それから、
より観察眼が鋭くなる。
という効用がある。

自らの言葉によって、観察したことを強化したわけなので、
以降、さらに、観察しようとする動機付けになる。


他人に対して、観察が強化されれば、
’観察眼するどくなる’だが
自分の内面に対して、観察が強化されれば
’もう一人の自分が確立する’
ということになるだろう。

つまり、自分を客観視することができる
ということだ。

というわけで、自分ブログ、
よいこといっぱいだ。


以上、ようなことを、
僕は、中村俊輔に教えてもらった。

察知力 (幻冬舎新書 な 4-1)察知力 (幻冬舎新書 な 4-1)
(2008/05)
中村 俊輔

商品詳細を見る


すこし、ぶっきらぼうでシャイな男の
内面に、これほど、知的で、クレバーで
しっかりとした考えをもっていたとは、驚きだ。

身体能力で劣る、日本人である氏が、
外国の一流選手と渡り合うには、
周りを察知して、一歩先に動き出すことが
必要だ、と。

そのために、周りの状況を常に、観察し
空気をよみ、何が自分に求められているかを
常に、考え続ける。


いいことをいうよなぁ。

感心した。
スポンサーサイト
2008/08/26(Tue)  未分類コメント(4)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

[14]No title
【ウェブ】http://seikatsusekkei.blog88.fc2.com/
【メール】

デキる人は、KYが素晴らしくできる。
自己主張の強い欧米に比べて、周りを察知する能力は日本人は長けていると思う。
ここに世界で通用するためのキーがあったんですね。
ナルホド(^^

  • 2008/08/26(Tue) 07:30
  • リックルハング
  • 編集 ]
[15]No title
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/blog-entry-62.html
【メール】

そうか、察知力は日本人の
国民的特技なのかぁ。

確かに、そうだわ。

察知力って、これさえあれば、
日本では渡っていける、
というような
そんなスキルだよね。


  • 2008/08/27(Wed) 00:15
  • やまいも
  • 編集 ]
[16]はじめまして
【ウェブ】http://gokujoubusiness.blog120.fc2.com/
【メール】y.flatfish@gmail.com

はじめまして。おはようございます。

村上春樹は『回転木馬のデッド・ヒート』の前書きの中で、自分の中にいくつかたまってきたエピソードが「次第に話してもらいたがっているように思えてきた」と述べているんです。だから、この小説を書いたのだ、と。

この言葉は「書く」って行為を見事に言い当てていると思うんです。
自分の中に「何だかよくわからない思い」がもやもやとあって、その思いに「形を与える」作業。それが、「書くこと」なんじゃないかな、と。

僕もブログを書くようになって、「なるほど、僕ってこんなこと考えてたのか」ってことがだんだんわかってくるようになりました。
自分は何を考えているかって、自分では意外と気づかなかったりします。

書くことによる不安解消を、やまいもさんは「忘れること」と表現されてますが、別角度から見ると、漠然とした不安が明確な形として見えることによって安心するって意味合いが強いのかな、て僕は考えてます。

長文失礼しました!
今後ともよろしゅうに。

  • 2008/08/27(Wed) 06:08
  • ドクエメット
  • 編集 ]
[17]No title
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

ドクエメットさん

こんばんは。
いやはや、するどいですね。

形にするから安心するし、
逆に言うと、形になってないから不安ということなんですね。

村上春樹さんは、僕も好きです。
村上春樹さんの文章をよむと、
書きながら形にしているというか、
書きながら考えてるってなって
感じがよくします。

ドクエメットさんの文章をよんでいても、それは感じます。

なんか、すっと入ってくる文章っていうんでしょうか。

こういう文章を書けるのって、
いいなと思います。








  • 2008/08/27(Wed) 22:14
  • やまいも
  • 編集 ]
▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

やまいも

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。