このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

自動車

若者を中心に、自動車離れが進んでいるようだ。

車がなくても、生活していけるから
というのが、主な理由のようだ。

確かに、生活していけるか否かという
判断基準だと、そのとおりだと思う。

しかし、そういった考えでよいのかね
と、おせっかいながらで思ってしまうのだ。

勿論、不況のためコンビニでおにぎりが売れてしまうほど(※)、
「それどころじゃぁない」というのは、あるのかもしれないが、
車を手放す代償というのは、結構大きいのではないかと思う。

(※)「ビンボーだから「おにぎり」が売れる? コンビニの昼食商戦異状アリ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080816-00000001-jct-bus_all

というのも、自動車をもつのと持たないのでは、可動面積が圧倒的にちがうのだから。

ためしに試算してみた。

【自動車を持つ場合の可動面積】
日本の国土は、38万平方キロで、2/3が森林だから、
ざっくり13万平方キロが人がいけるところ。
このうち、河川や湖沼などもあるだろうから、
まあ、10万平方キロくらいが、自動車をもつ場合の
可動面積と考えてよいだろう。


【自動車を持たない場合の可動面積】
日本の駅の数は大体、全国で9000。
で、駅からの1キロ圏内が行動範囲だとすると
9000×3.14 ≒ 2.8万平方キロ

凡そ、3倍程度、可動面積が違うということになる。
電車の時間を気にせず、行動できる点や、
荷物のことを考えないでもよい点などを考えると
心理的な可動面積は、もっと違っているかも知れない。

可動面積がちがうということは、
大げさに言うと世界の見え方が違うということだ。

人は、見たことがないものを存在しないものと
ついつい考えてしまう。

ですので、車を持ったことがない人は、
車を持っている人に比べて
3倍、世界が狭いと極論することもできてしまうのです。

車をもっている自分ですら、1,2週間車を運転しないで
会社と家の往復と、外の世界といったらネット
という生活をつづけていると、
久しぶりにドライブをしたとき、
自分の世界が狭くなってたなぁ
なんて気づかされることがある。

車を持たない人は、
車を持っている人の世界の存在をそもそも知らないので、
不便であるとも、世界が狭いなどと感じることはないだろう。

だから、よいといえばよいのだが、それが豊かかと問われれば、
うーんと、とならざるを得ない。

ぶらっといった公園で、紅葉がすごくきれいだった
とか、
旅行するほどではないけど、車で30分くらいの温泉でいやされた
とか、

そいうのってあるような気がするんだよなぁ。

下の記事に、セカンドライフで生計をたてるひきこもりの女の子を
紀伊国屋につれてってあげたら、とっても喜ばれたって話があるんだけど、
これと、車の話ってちょっと似ていると思う。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-408.html

(この記事、とても感動的なお話です。是非一読ください。)

自分も、アマゾンで本を買うことが多くなっている。
それと同時に、駅から数分圏内の生活しか目に入らなくなってきている。

でも、日本にはそれ以外の世界にも
それぞれの営みがあるということを
忘れないようにしたいと思った次第だ。


スポンサーサイト
2008/08/23(Sat)  未分類コメント(2)トラックバック(2)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

[12]No title
【ウェブ】http://seikatsusekkei.blog88.fc2.com/
【メール】

なんでもそうですよね。
やったことないことにチャレンジすると、世界感は間違いなく広がるし、違った価値感を得られる。
ボクも、どんどんいろんなことにチャレンジして、価値感を広げたいと思う次第です^^

  • 2008/08/24(Sun) 17:22
  • リックルハング
  • 編集 ]
[13]No title
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/blog-entry-62.html
【メール】

リックルハングさん

この話題、投資家が自動車というリックルハングさんの、エントリーを読んだのをきっかけに書いたものです。

投資家というのも、視界を大きく
広げてくれるものなのかもしれませんね。

  • 2008/08/24(Sun) 19:51
  • やまいも
  • 編集 ]
▲このページのTOPへ

トラックバック

私書箱 池袋の私書箱の紹介です
SLサーチ/ひきこもり/「ひきこもり」:最新情報 「SLサーチ」では、あなたが入力したキーワード「ひきこもり」にキーワード「セカンドライフ」または「second life」を掛け合わせて、インターネット上を検索しています。 「ひきこもり」:最新情報 「ひきこもり」関連商品を探す アマゾン 楽天市場 ...
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

やまいも

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。