このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

投資に関する3つの考え方<やまいも編>

前々回、前回と、投資に関する3つの考え方を
紹介し、それぞれの特徴を説明するとともに、
その優劣を議論した。

今回は、そのいわば理論編をへて、如何に
やまいもが判断・選択し、どのように予算編成をしようとしているか
ということについて述べてみたい。


さて、その前に、(1)の堅実派について、補足をしておく。
堅実派は、定期預金を主な投資先という話をしたが、
ここ10年のデフレ環境下においては、結果としては、
意外に、よいパフォーマンスであったようだ。

つまり、選択としてはかなり懸命であったと思われる。

http://blog.ontheroad.jp/world_policy_interest_rate.html

上記サイトは、ここ10年間のインフレ率の推移を示しているが、
仮に、10年で1%の定期預金をしているとすると、
ちゃんと実質的に1.数%の利回りを出していることになる。

普通、インフレ率を計算に入れると定期預金の利率は
小さいので、インフレ分だけ銀行に寄付してるようなもの
という認識でいたが、デフレ環境下ではインフレ分がマイナスなので、
実質的には定期預金の利率以上の価値があったことになる。

元本保証の商品だから、1.数%というのは、まあまあかもしれない。

ところで、やまいも選択だが、
やまいも的には(2)の長期運用分散投資を基本として
(3)の金持ち父さんを一部織り交ぜた形というのが、
一応の回答だ。

考え方としては、”投資とは、キャッシュフローを生み出すもの”
には、深く共感する。

そして、個別銘柄に投資するには、
特定分野に対する粘着質的情報収集への執念と
投資センスが必要ということを前提とする。

それを満たすのは、自己投資
これに尽きるのではないだろうか。

自分の能力ほど、確実にキャッシュフローにつながるものはない。
また、”合法的なインサイダー取引”といっても過言ではないほど
情報の質は高い。

となれば、これほど有望な投資先はない。

自己投資といっても、時間の制約もあってそんなに
投入できる金額は大きくはないので、
残ったお金は、大きく負けなければよいというスタンスで、
(2)の長期運用分散投資ということになる。

最後に、(2)ついての注意点だが、
(2)は、一度ポートフォリオを組んだら終わりではなくて、
情勢の変化にしたがって、適度に資産を移動させなくてはならない。

個別銘柄のファンダメンタルを分析する必要はないが、
最低限のマクロ経済の動きだけは、チェックするようにしたい。

スポンサーサイト
2008/08/17(Sun)  未分類コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

やまいも

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。