このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

投資に関する3つの考え方<解決編>

前回、投資に関する3つの考え方を紹介した。

今回は、これらの優劣について議論することにする。

(1)堅実派について

このタイプは、慎重といえば聞こえはよいが、
いかにも残念な選択をしているといえると思う。

この立場の基本的な考え方は、
「損はしたくない」ということなのかもしれないが、
その選択そのものが、損であったとしたら
それはどうなのだろうか。

何かリスク資産に投資をして失敗するより、
何もしなくて例えばインフレによって資産を減らしてしまうほうが、
心理的には、悔しい気持ちは少ない。

しかし、そういった損失回避、後悔回避の選択をしつづけると、
結果として、どうしてもリターンの期待値は小さくなってしまう。

つまり、要は損しているわけだ。

日本の401Kの運用状況をみると、
60%が定期預金で運用しているようである。

401Kを導入している企業が大企業で、
割と金融リテラシーの高い従業員がいる企業が多いとすると、
ざっくり、70%以上の日本国民が、この(1)堅実派に属すると見られる。

ということは、70%の国民が愚かだということになる。

今後、日本の労働者人口は減少していくことになる。
そうなると、労働所得は、どうしても減少していかざるを得ない。
であるならば、労働所得以外の所得の道を、
すなわち、リスク資産への投資の選択肢も
持っておく必要があるのではないかと思う。


(2)長期運用分散投資派について
サラリーマン家庭にとっては、本命の考え方かもしれない。
確かに(1)に比べれば、一時的に損失をこうむることは
あるかもしれないが、長期運用、分散投資することにより
リスクを軽減することができる。

ただし、(3)の立場からみれば、金融機関に言いように
カモにされているように見えるかもしれない。

(2)は、コンビニ弁当だと思えばよい。

確かに、食材から入手して、手をかけて食事を作れば、
それは、弁当よりもコストは安いだろう。

しかし、その手間隙を考えれば、サラリーマン家庭にも
食べやすい形に切りそろえられている、コンビに弁当は、
やはり、便利といえるだろう。


(3)金持ち父さん派について
投資センスと情報収集能力と胆力がある人にとっては、
これが本命だろう。
確かに、債権市場のように、市場が非常に効率的にできている
場合には、このスタンスは難しいだろうが、
不動産、株といった、比較的市場が効率的でない分野においては、
投資信託とはケタ違いのリターンを得られることは確かだ。

とはいえ、大きな金額を動かす精神的なプレッシャーや、
詳細な情報収集へのコストをかんがみれば、
粘着質的な性格と、大胆な投資センスが自らに備わっているか、
胸に手を当ててみるべきだろう




スポンサーサイト
2008/08/17(Sun)  未分類コメント(2)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

[8]No title
【ウェブ】http://seikatsusekkei.blog88.fc2.com/
【メール】

(2)から(3)になれない男です^^;
粘着質的な性格に自負はあれど、大胆な投資センスには?かも知れない。。です。

相変わらず、タイプ別に分かりやすい仕分けをしていて、おもしろい記事ですね!

  • 2008/08/17(Sun) 20:09
  • リックルハング
  • 編集 ]
[9]No title
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/blog-entry-62.html
【メール】

早速コメントありがとうございます。
>(2)から(3)になれない男です^^;

十分(3)なのではないですか。
特に、住宅の選択なんかは、(3)そのものじゃないですか。

山崎元さん、曰く
投資センスとは、知識や頭のよさとかそういったものではないみたいですね。

そして、努力でもないとか。。。

http://toshinou.jp/

上のサイトで、自らの投資センスを
計ってみるのも面白いかもしれませんね。


  • 2008/08/17(Sun) 21:05
  • やまいも
  • 編集 ]
▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

やまいも

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。