このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

お金と時間の関係

■ 「お金と時間の投資を両立する」の意味

先日来、不動産の購入について話を進めてきた。
コンセプトとなったのは、「お金と時間の投資を両立する」ということだった。

今回は、この意味について考えることにする。


■ 貧乏暇なし 

お金と時間というのがでてきたので、まず、
時間とお金の関係を簡単に図に表してみる。

1.gif


この図は、

時間を仕事に投入することによって、お金が手に入る。

と解釈する。


重要なのは、時間とお金はトレードオフになっているということである。

つまり、時間をたくさん仕事に投入すれば、お金は増えるが、その分時間が少なくなってしまう。
逆に、時間をあまり投入しないと、お金は増えないということになっているのだ。

例えるなら
前者は、貧乏暇なし、
後者は、夢を追うフリーター
の状態と考えることができる。



■ セミリタイヤ

さて、上記の図をみてどう思っただろうか。

未来に展望が開けない感じがしたのではないだろうか。


では、どうなっていればよいかということ、
以下の図のようになっていればよい。

2.gif


新しい項目と、矢印がいくつか付け加わっている。

①は、自己啓発である。
時間とお金を能力に投資するということになる。
その投資効果は、多岐にわたる。
・仕事の効率が上がるから、少ない時間でより多くのお金を得る事ができる。
・能力が上がると、成長率が高くなり、少ない時間とお金でより能力のUP率が高くなる。
・また仕事の質も高まるから、仕事のから能力への矢印もできる。
  つまり、成長につながる仕事へ質的転換を遂げることができるのである。

②は、時間をお金で買うという行為を意味している。
時間は、あらゆる人に対して平等であり、増えも減りもしないし、
ためることもできない。
それに対して、お金はストックすることができる。
そのストックを切り崩して、時間にかえることが可能だ。
前述のように、能力が高ければ、少しの時間で
たくさんのお金が獲得できたり、、さらなる能力UPが図れるので、
この行為は、能力の高い人にとっては大変有力な戦略となる。


ここで、面白いのは、
時間と仕事とお金が循環している点である。


貧乏暇なしの図式では、お金と時間はトレードオフの関係にあったのが、
この図式では、相補的に循環している。

つまり、この図式では、良質な仕事を通じ、
時間がお金を生み、お金が時間を生むという
アッパースパイラルな循環になっているのだ。

このお金と時間と能力が同時に豊かになる
このハッピーな図式を、セミリタイヤ図式と呼ぶことにしよう。


このセミリタイヤ図式のポイントは、能力という項目に
すべての矢印の行き先がつながっているという点である。

そして、その能力こそが、アッパースパイラルな好循環の
すべての源だという点だ。つまり、能力があるからこそ
効率の良い仕事を獲得でき、効率の良い仕事が
豊かな時間とお金を生み出している
と考えることができるのである。
また、能力があるからこそ、能力によって得られたリソースを
つかって、更なる能力UPが図れるのだ。


逆に言えば、能力がなくなった時点で、
たちどころに、トレードオフ関係に逆戻りしてしまうのだ。
能力ダウン⇒効率のよい仕事を手放す⇒時間をかけなきゃお金が稼げない
といった具合で。



では、どうしたらこのセミリタイヤの図式に
もっていくことができるのだろうか。

結論から言えば、相補的な循環関係にあるので、
どれからでもよいのだが、
まず、ひとつの項目において優位性確保することだ。

例えば、仕事。

・効率のよい仕事を手に入れる。
 そうすれば、少ない時間で、お金を得る事ができる。
・能力のあがる仕事を手に入れる。
 能力の上がる仕事で、能力を獲得すれば
 効率のよい仕事に転職することができる。

こういう風に、お金でも、時間でも、何でもよいので、
うまくリソースを投入し、能力を高めることができれば、
あとは循環していくのだ。



■ 「お金と時間の投資を両立する」の意味再び

さて、今回の不動産購入は、その意味で、
二つの項目を同時に獲得するという、
そうとう強欲な試みだ。

さらに、その購入過程で、知識まで蓄えてしまっている
(金利のこととか随分勉強したのだ)
つまり、能力も高めてしまっているので、
随分よい事業になっているのではないかと思っている。


若干の懸念点は、当面の返済期間中は、手元のキャッシュが十分でないことである。
このため能力への投資(自己啓発)が少なくなる可能性があるという点だ。

ただ、能力への投資に必要なリソースは、お金もそうだが、
時間も、能力(マインド)も必要だ。
というより、時間と能力(マインド)のほうが、大きい。
たいした問題ではない。
スポンサーサイト
2008/07/20(Sun)  未分類コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

やまいも

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。