このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

資金繰り

■資金繰りのスキーム

物件が決まれば、次は資金繰りの確認である。

建築条件付売り地ということで、
入居までは以下の流れとなる。

①契約
②土地決済
③建築請負契約
④建物完成&引渡し&建物決済


私の場合は、キャッシュで支払うわけではなく
ローンの残債ものこっているわけで、
お金の流れとしては、次のようになる。

①で(土地)手付け金支払い
②で住宅ローン融資で土地代金支払い
③で、建築手付金支払い
③と④の間に、マンション売却
④で、マンション売却時のお金で、建物代、ローン残債、一部繰越返済


■「えー」

まずは、このスキームでローンを引き受けてくれる銀行を仲介会社経由で
手を上げてもらった。
3行ほど、手があがった。
1行は、会社が提携している銀行だったので、会社経由のほうが有利になるかと思い、
会社経由で仮申し込みを行った。

あとの2行は、仲介会社経由での申し込みをした。

それから、ネット銀行も、繰越返済無料、保障料無料などうたっており、
便利そうなのでここにも仮申し込みをした。

ところが、ところがである。

なんと、会社経由で申し込んだ某都市銀行は、このままでは融資できないという。
ローンの残債をなくして、さらに、融資金額を減額しない限り融資できないという。

仲介会社は、年収から考えれば、十分融資可能額だといっていたし、
余裕こいていたから、「えー」ってなもんである。

確かに、無理をすれば、ローンの残債を返すことはできるが、
そうすると、建築請負契約時の手付金やらが払えなくなってしまう。

これが、マンションの売却代金が入っていれば、融資可能額の範囲である。
が、この時点ではマンションを売りに出してすらいない。

要は困ってしまったのである。

で、仲介会社に相談した。

「年収からみて、十分、融資可能の範囲内っていってたじゃん。」と。

どうやら、わかったことは、個人で銀行に申し込むのと、
法人経由(この場合、仲介会社)で申し込むのでは
同条件でも、融資可能額が違うらしいということ。

個人では、通常年収の6倍程度、法人経由だと7.5倍程度ということみたいだ。
’みたいだ’といっているのは、仲介業者も、銀行の担当者も
そういった事実があることを知らなかったのだから。
しかし、両担当者の発言を聞く限り、そう判断するしかないのである。


そんなん、最初にいってくれよなぁ、である。
一回、仮申し込みをしてしまうと、同じ銀行でもう一度ということはできないみたいなのだから。。。
これも、なんで?という気もするけど、実際そうみたいだ。


さらに、さらにである。

もうひとつの都市銀行からも回答があった。

保障会社の判断で、「総合的に判断して融資できません。」

とのこと。

さらに、「えー」である。

年収が足りていてローンの審査がおりないのは、
・カードで多額の借金がある
・ローンを滞納したことがある
・借金などで、虚偽の報告がある
・健康上の問題がある
くらいだそうだ。

私の場合、どれも当てはまらない。
その都市銀行の担当者でさえ、首をひねるばかりなのである。

いまもって、理由は不明だ。
(理由も教えてくれないのである。。。)


さらに、さらに、さらにである。


都市銀行がだめでも、ネット銀行があるじゃないか。
なのだが。。。



「これまた、土地・建物同時決済じゃないとダメ」

とのことで、これまたNG。


にわかに、7/11の土地決済が怪しくなってきた。
(7/11までに、ローンを何とかしないといけないという契約になっているのだ。)


ここで、仲介会社が動いてくれて、枠を、地銀、信託銀行など枠を広げることになった。

しばらくすると、両行とも返答がきて、ともに満額融資可能で、優遇金利も大変すばらしいものだった。

特に、地銀のほうは、こんな優遇金利聞いたこともないというような、
破格の金利。
(あんまり、大きな声ではいえなくらいなので、金利は内緒にしておきます。)


で、どうなの?銀行って!
まじめに審査してるの?
と思ってしまう。

全然、判断、ちゃうやん!


ごく普通にサラリーマンやっていて、
ごく普通に住み替えしたくて、
ごく普通に住宅ローンくもうというだけなのに、
一方で理由もわからず融資できないといわれ、
一方で、破格の金利で貸してくれるという。。。

なんとも、よくわからない不透明な世界である。



(つづく)
スポンサーサイト
2008/07/11(Fri)  不動産コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

やまいも

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。