このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

我々の決断

■注文住宅

じゃあ、注文住宅にすればいいじゃん、
という声が聞こえてきそうである。

確かに、そのとおりなのであるが、
そうは問屋がおろさない事情というのがある。

1.よい土地は、建売業者に買い占められてしまっている。

2.よしんば、よい土地がみつかっても土壌調査、土壌改良
 ライフライン引き込み、古屋が立っていた場合は、取り壊し
 など、よくわけのわからないことが多くて、面倒。

3.結局高くつく
 ハウスメーカーにもよるが、一般に建売業者の建物よりも
 割高になるようである。確かに、時間をかけてコンサルティング
 しながら作るわけなので、コストはかかるだろう。
 そうやって、こだわりのひとつひとつを取り入れていけば、
 規格外のものを使わなければならなくなるだろうし。

 また、2の費用も結構割高にさせる要因になる。


このような事情がある手前、そうは問屋は卸してくれなかったわけで、
結局、我々がした選択は。。。


■セミオーダー

オーダースーツがだめであれば、
セミオーダーがあるじゃないか。
というのが、我々の選択でした。

つまり、建築条件付売り地を購入する
ということだ。

建築条件付売り地とは、
ハウスメーカーとか、建売業者が土地を販売するもので、
その土地は、当該ハウスメーカー、建売業者に
建物を建ててもらわないといけないという条件がついた土地のことである。

そういったタイプの物件は、あらかじめ、
参考プランというのがついていて、
工法や、大まかな建物の概観は、
ある程度枠は決められている。
その中で、自分の間取りをきめられるのだ。

まさに、セミオーダーって感じでしょ。

我々のような、あんまり建築のことわからないし、
住まいにもそんなにこだわりないし、
でも、天井高は高くないと嫌なの!
とかいう人にはぴったりだ。

場所も、駅5分。
南東角。16坪とやや狭いものの
広々18畳のリビングを有し、
勤務地から3キロあまり。

資産性、職場からの近さ、
リビングの広さ、天井高も変えられるし、
どれをとっても文句なし!


■いよいよ契約?

というわけで、いよいよ契約することにした。

引越しを決意をしてから、3週間。
我ながら、すばやい決断だ。

順風満帆かとおもきや、

「ちょっと待った!」

の一声がかかる。

波乱の展開???


(つづく)
スポンサーサイト
2008/07/09(Wed)  不動産コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。