このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

エコロジカル・アプローチ

■凝固点

昨日何気に、凝固点という言葉を使いました。

凝固点というのは、アイデアをが集まってくる
きっかけ、イメージ的にいえば、文字どおり
水が凝固し始める、一点というような
そんなイメージで使ったわけです。

自分でいうのも、何なのですが、
良い概念だと思うのです。

つまり、良い凝固点だと思うのです。


もちろん、新チャイルディッシュ主義というのも、
GOODな凝固点です。

そんな、GOODな凝固点に集いし、
強力な仲間が現れました。

エコロジカル・アプローチという名の
仲間です。



■エコロジカル・アプローチ

人が視覚でものを認識するとき、
エコロジカル・アプローチをとるといわれています。

これは、どういうことかというと
脳が変わり行く外界の情報を次々取り込んで、
適応していくには、とくかく「おおざっぱ」に
情報を得て、足りない部分は推測によって補い、
意思決定をするのに必要最低限の情報処理を
おこなう
という考え方です。


ポイントは、次々と能動的に情報を取り込み続けるということです。
一点にどどまり、十分に情報を解析するという手段をとらない
ということなのです。

人の目は、中心点以外、高い解像度を持ちません。
したがって、中心点を動かさなければ、
見える世界はとても、狭いものになってしまいます。

しかし、人は、目を高速で動かし(サッケードと呼びます)
たくさんの像を集めます。
集めた像を、つなぎ合わせて
あたかも、途切れることない、なめらかな世界として、
世界を捉えます。


■応用

なかなか、示唆的なメカニズムをもっていると
思いませんか?
生体ってやつは!

これだけ示唆的だと、応用してみたくなるのが人情というものです。

仕事などにも、応用してみたいのですが、(ITプロジェクトとかね。)
人生にもいけそうです。


・次々と能動的に「おおざっぱ」に情報を得て、
・足りない部分は推測によって補い、
・意思決定をするのに必要最低限の情報処理をおこなう


いかがでしょうか?
Effectiveだと思いません?
スポンサーサイト
2008/05/01(Thu)  未分類コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。