このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

勝間和代の「仕事」

勝間和代さんの本がすごいことになっている。
ベストセラーの20位以内に4冊と、凄まじい売れ方だ。


勝間和代さんについては、いろんな人がいろんなことを言っている。
概ね好評だとは思うが、アンビバレントな気持ちを抱く人も多い。
私もその一人だ。というか一人だったというべきか。


アンビバレントというのは、確かに刺激は受けるが
ファンかというと、決してそうではないという感じだろうか。

このアンビバレントな感覚というのは、
知的な生産を生業にしている人に多いと思う。



では、なぜ、アンビバレントな気持ちを抱くか。



それは、梅田望夫さんの言葉で言えば、
知的な生産に関する”学習の高速道路”を
敷設しちゃったから
ではないだろうか。


別の言葉で言えば、知的生産のコモディティー化だ。



コモディティー化ということに関して、
梅田望夫さんが非常におもしろい話をしている。

http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20080210/p1

かいつまんでいうと、

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
現代の将棋世界では、
「みんなで強くなっている」という。
つまり、良い指してがあると皆で共有して
どんどん晒してしまうのだという。
そして、そういう人々が強くなり
多数を占めるようになっていると。

さらに、皆で良い手を共有して”高速道路”してしまうので、
新しい手を創造するというのは、
時間的にも労力的にも効率が悪いのだという。

が、高速道路があるからこそ、
創造以外のことは手に入りやすくなるため、
最後は創造力の勝負になっていく
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


勝間和代さんの高速道路敷設という「仕事」により、
日本の知的生産のレベルは確実にアップするだろう。
そして、皆すごくなる時代が来るかもしれない。


そういう意味で、こういう時代にいきる我々は
”みんなで強くなる”という現代将棋のありようは非常に示唆的だ。


ここで私が言いたいのは、
勝間和代さんの敷設してくれた高速道路で
   ”みんなで強くなっちゃおうぜ!"ということだ。
そして、高速道路を疾走しつつも
  自分のそれぞれの現場で、”創造”に没頭する

こういう未来がくるといいなと思う。



冒頭のアンビバレントな気持ちというのに戻るが、
アンビバレントな気持ちを抱くというのは、
現代将棋思想的な観点から見ると
前時代的だ。

だから、今の気持ち的には、
勝間和代さんの「仕事」に
アンビバレントな気持ちではなく、
諸手をあげて賛成だ。


効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
(2007/12/14)
勝間 和代

商品詳細を見る




【ブログランキングに参加しています。ポチッと一票入れてくださいね!】
ランキング
読んでいただいて、ありがとうございます。
スポンサーサイト
2008/02/13(Wed)  未分類コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。