このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

プロマネ③~プロマネの業務~

プロマネというのは、不思議な存在です。



システム開発をするというのに、
システムのことを知らなくてよいし、
開発するシステムの業務についても知らなくてよいのですから。

システム開発の全体責任者といいながら、
こと知識に関しては、シロウトなのがプロマネなのです。

さらにプロマネは、実際のシステム構築に携わることはありません。
システム開発の全体責任者といいながら、プロマネは実際にはシステム構築はしないのです。


不思議と言えば不思議です。


やや極論のような気はしますが、
このくらい思い切った割り切りをしないと
曖昧模糊としたプロマネについて、その本質に迫れないような気がします。



ところで、プロマネの使命とは、なんでしょうか?

与えられたリソースで、納期・コストを守った上で、
プロジェクトを完了させること
です。

プロジェクトでは、さまざまな問題が発生します。
なので、プロマネの業務を単純化していえば、
納期・コストを守った上で問題を解決すること
となります。


システム開発では、さまざまな分野でのトラブルが、混沌となって押し寄せてくるのが普通です。
人間関係のトラブルであったり、
インフラのドラブルであったり、
契約上のトラブルであったり、
プログラムのアーキテクチャの問題であったり。

それぞれの問題のを解決しけなければならないのですが、
まず、言えることは、これらの問題を効率よくかたずけなければならない
ということです。

このためには、プロマネ自身がプレーヤーであってはいけません。
プロマネがプレーヤーでは、プロマネの体がいくつあっても足りないからです。

プロマネは、スペシャリクト達をつかって
問題を解決させなければならないのです。

それから、第二にいえることは、問題解決の仕方がが偏ってはいけないということ。
問題は、知識のみで所与の要件から白か黒か、完全に決着のつくものばかりではありません。
ある方向からみれば、白にも見えるし、別の方向からみれば黒に見える
そんな問題も多くあります。
いつも同じ方向からみていると、別方向の手当てが手薄になってしまいます。

少しくらいは手薄になってもいいのですが、あまりに手薄になりすぎると
そこから、マグマが噴き出して、取り返しのつかないことになるのです。

つまり、プロマネはいろいろな方向から物事を見て、バランスをとる
バランサーじゃなきゃいけない
ということになります。


プロマネが、プロマネであることから導かれる帰結として、
非プレーヤーということと、バランサーという要件がでてきました。

この非プレーヤーとバランサーという2つの要件をみたすために、
プロマネは、ジェネラリストとして業務を行います。


ジェネラリストは、浅く広く知識を有し、
スペシャリストをつかって仕事を進めていきます。

”進めていきます”と書きましたが、正確には、
スペシャリストのやった仕事の報告をききつつ、問題がある場合は、
関係者間の調整をし、指示をだし、また、スペシャリストに仕事をさせる
といった作業になります。


つまり、その本質は、”報告をきくこと、調整をすること、指示をだすこと、そして仕事をさせること”です。

そこを下支えするのが、経験と広範囲の知識によって裏打ちされた強い意志と、
少しばかりの論理です。


・報告を聞く
相手はスペシャリストで、報告は専門用が多く全部は理解できないかもしれません。
しかし、ある程度は理解できる必要があります。
判断ができる程度までは理解する必要があるのです。
判断するのが役目ですので、判断をするのに必要な情報を聞き出すことが目的です。
それには、最低限の知識と論理が必要になってきます。
知識があれば、相手の言ってることはだいたい分かりますが、
その矛盾点には気づきません。ですので、論理もすこしは必要です。

・調整すること
調整するということは、正しい論理と正しい論理が衝突するわけですので、
まず、一定の価値判断のもと方向性を出す必要があります。
そして、その方向性の源泉となっているのが、
経験と広範囲の知識によって裏打ちされた強い意志と少しばかりの論理です。
この両者がなければ、スペシャリスト達を説得できません。
少しばかりといったのは、あまりにも論理を厳密にしてしまうと
スペシャリスト達を追い詰めてしまうからです。
あまりに完全な仕事を求めすぎると、先に進まなくなってしまうものです。


・指示をだすこと
指示をだすにしても、前述の方向性ということが重要になってきます。
場当たり的な指示をだすと、スペシャリスト達は混乱してしまいます。
一貫した方向性のもと、ことをすすめなくては、
スペシャリスト達の信頼を失ってしまいます。


・仕事をさせること
仕事をさせる、特に、めんどうな作業が予想されるときは、
スペシャリストを説き伏せる、強烈な力が必要になってきます。
時に、権力を振りかざすというのも有効ですが、
基本は、経験に裏打ちされた強い意志と、筋道をたてて説明する
最低限の論理ということになるでしょう。


左手に論理、右手に強烈な意志、これでもって、ジェネラリストは、
並居るスペシャリスト達と対峙しながら、
仕事をさせていくのです。

前述の2つの要件とからめていえば、
多少の矛盾をはらみながらも大局的見地でな判断を行い(バランサー)、
経験の裏打ちされた意志の力で、説得力のある方針を出し、仕事をさせる(非プレーヤー)
ということになります。


まとめます。

プロマネがプロマネであるためには、ジェネラリストに徹する必要があります。
そして、ジェネラリストの業務を下支えするするのが、
経験と広範囲の知識によって裏打ちされた強い意志と
少しばかりの論理であるのです。



今日は、抽象的な話で、肩が凝るような話になってしまいましたが、
時に、面白い話をするには、全体の枠組みをおさえていないとわからないことが
あるものなのです。我慢してついてきてください。



【ブログランキングに参加しています。ポチッと一票入れてくださいね!】
ランキング
読んでいただいて、ありがとうございます。
スポンサーサイト
2007/12/31(Mon)  未分類コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。