このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

成長は目的なのか



◆「成長の思想」の妥当性


以前、成長の思想ということを紹介したことがあります。

一部を抜粋します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そうはいっても、努力しつづけるもの、つらく困難な状況が時におとずれる
 というのが人生です。
 こういった困難な状況に威力を発揮するのが、成長の思想です。
 成長の思想とは、困難な状況にこそ、人が成長するとてもとても
 貴重な体験である、と考える考え方です。
 そして、そういった困難な状況にもまれながら
 成長していく姿にこそ、人生の意味がある、と。こう考えるわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、この思想について。

本当にそうなのだろうか。

と思うのです。

この思想、一見とても口当たりよく
聞こえてきます。


さまざまな困難にもめげず、
一生懸命に生きている姿が浮かんできて
受け入れやすい感じがします。

しかし、失敗したことに対する負け惜しみ、
あるいは、安易な自己正当化という側面はないでしょうか。

たとえば、

問題にぶち当たるとすぐに、より望ましい結果が得られなかった
現実を直視せず、これも自身の成長にとっては良かった
などと、事実を簡単にねじまげて、自己正当化してしまうという。。。

こんなかんじ、ありがちですよね。


◆成長は目的なのか

私は、成長というのは、決して目的ではないと思うのです。

人生を遠景で眺めたときには、
この出来事が人間的な成長をもたらした
というようなことはあるでしょう。

しかし、それは、あくまで結果論であって、
成長を目的に行動したから、成長したのではありません。

出来事が結果として、成長をもたらしただけです。


なので、問題にぶち当たろうとも
後だしじゃんけん的に”成長”を持ち出すような、
暇なことはせずに、現場仕事に汗を流すべきではないか、
と思うのです。


◆容量・用法・注意事項

とはいっても、「成長の思想」をすべて否定しているわけではありません。
人は、時に、ポエムを欲します。
そのポエムに誤謬が含まれていようとも、
人が救われるなら、それについてとやかく言うつもりはありません。

しかし、そのポエムというメッセージは、必ず、服用すべきステート
があるのです。そのステートを吟味せずして服用するのは、危険です。

そして、多くのメッセージには、容量・用法・注意事項が記載されていません。
自己責任での服用となるのが常です。

という訳で、やまいもが、その注意事項を書いているという寸法になっているわけです。


本当は、メッセージを服用せずとも、
健康体でいられる精神の健全性を確保する
そういう方向に行きたいものであります。



スポンサーサイト
2009/05/19(Tue)  未分類コメント(4)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

[205]
【ウェブ】http://ameblo.jp/kanehito39/
【メール】

ども!キムです!

いやはや面白いブログですね。こういうの好きです。

私もちょくちょく理屈ごねゴッコに参加しに来ますね~

  • 2009/05/20(Wed) 13:15
  • キム
  • 編集 ]
[206]
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

キムさん

こんばんは。早速来ていただけたんですね。
ありがとうございます。

>理屈ごねゴッコに参加しに来ますね~

異論反論大歓迎です。





  • 2009/05/20(Wed) 21:52
  • やまいも
  • 編集 ]
[207]
【ウェブ】http://19971129.blog47.fc2.com/
【メール】

こんばんは。

成長したかどうかは、自分の周りの人が感じるものだと思います。自分では気づかないが、妻や友人は気づいている。これもポエムと言えるかもしれませんが。

  • 2009/05/20(Wed) 22:20
  • やっちゃばの士
  • 編集 ]
[208]
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

やっちゃばさん

こんばんは。
>自分の周りの人が感じるものだと思います。

そのとおりですね。そのくらいのスタンスがちょうど良いでしょう。

周りから耳障りの良いポエムを語ってもらう、というのが理想でしょうね。

といった意味で、どういった伴侶を得るのかが
重要になってくる?(笑)

  • 2009/05/20(Wed) 23:14
  • やまいも
  • 編集 ]
▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

やまいも

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。