このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

やさしさについて

■やさしさだけでよいのか

人はやさしいだけでよい

と思ってたのです。

今回は、そうでもないと思うようになったというお話をします。

なぜ、人はやさしいだけでよいとおもっていたか。

それは、人にとって重要なことは、人間的成長であると
考えていたからです。

人生に起こるさまざまな、挫折や経験を通じて
人間は、魂が磨かれていきます。
そして、その経験を通じて
成長していく姿にこそ
人間のすばらしさがあると、
そう考えていたのです。

まあ、ありがちといえばありがちな考え方ですが。


ところが、友人から次のような話を聞くにいたって、
どうもそうでもないかもしれないと思うようになったのです。


その友人のお兄さんは、ニートなのだそうです。
現在、35歳で無職。パラサイトシングルをして、
いつも、家でぶらぶら。

デートをしてても、
お金がないので夕食をたべに実家にかえってくるという。。。

で、そのお兄さんは
小さいころから、とてもやさしく
すごくいい子だったそうです。



この

 ”小さいころ、いい子でやさしかった”

という性質は、実は、ニートの共通項目です。

私の義理の弟も、以前ニートでした。

10年ほど、ニートをしてたのですが、
その彼もまた、とても、とても優しいのです。


■安楽としてのやさしさ

やさしさにもいろいろ種類があるのだとおもいますが、


安楽としてのやさしさ


とでもいうべきものがあります。


やさしさ、というものは、
一面では、道徳的ということです。

道徳というのは、人間が社会生活を送る上で、
もっとも摩擦なく、低いエネルギーレベルで
すごしていけるように整備した単なるレールにすぎません。

レールですから、そのレールにそった人間というのは、
型にはまった人間しか生まれ得ないわけです。
エネルギーの弱い人間にとっては、
それは、安楽なことであるでしょう。

私は、以前、人は優しいだけでいいと考えていたのは、
やさしさというものを人間の成長のひとつの達成
と思っていたからです。

自分のことに精一杯で、’やさしさ’というものをなかなか
実現することができないという自分を尺度にして、
その’やさしさ’を実現する鉄人にたいして
いわば、強者の余禄としてのやさしさを感いていたわけです。


しかし、

目の前にある果実をつかみにいけない、

そういう人間もいます。


それは、弱さゆえです。

その弱さが、やさしさとして
目に映ずることになる。

それが、安楽としてのやさしさなのです。




■天使な凡夫より、悪の独創

このような観点から、

やさしくなくたって、いいじゃないか

と思うようになったのです。

特に、子供の時期においては、です。


天使な凡夫より悪の独創

こちらのほうが、ずっといい。

レールにそって行動しないということは、
それは、独創につながるからです。

仮に、やさしさを見せるときがあってもよいが、
それは、根底にずるがしこさか計算高さが
あるときのみ、それは、許容されると考えるくらいがちょうどいいのかもしれません。


そうやって、十分強くなった暁に、
強者の余禄としての優しさを見せるという、
そういうステップを踏むのがよろしいのではないかと思います。



スポンサーサイト
2009/05/08(Fri)  未分類コメント(4)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

[199]
【ウェブ】
【メール】

すばらしい記事だ!!

後半は、ボクの事を言っているようでした。
自惚れすぎですね・・・・

  • 2009/05/09(Sat) 21:13
  • JK
  • 編集 ]
[200]
【ウェブ】
【メール】

JKさん

お久しぶりです。
お褒めの言葉、ありがとうございます。

自惚れ、結構じゃないですか!

自惚れてはいけないなどという、
つまらない常識はこの際、どっかに’うっちゃって’おけばよいか、と。





  • 2009/05/09(Sat) 22:56
  • やまいも
  • 編集 ]
[201]
【ウェブ】http://blog.livedoor.jp/moneymassage/
【メール】kotaro.pom@gmail.com

待っていました。

素晴らしいですね!

  • 2009/05/11(Mon) 06:08
  • 林浩太郎
  • 編集 ]
[202]
【ウェブ】
【メール】

はやしさん

こんばんは。コメントしずらい記事で、どうもすいません(笑)

しばらくお休みしていましたが、英気をやしなったんで、また、バリバリ書いていきますよ。

  • 2009/05/11(Mon) 22:15
  • やまいも
  • 編集 ]
▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

やまいも

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。