このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

HappynessとSuccessそして有能であるということ5


■人の目指す3つ志向性

人には、3つの志向性があると考えます。


その3つとは、幸福であること、成功すること、有能であること、です。

ここで、幸福であること、有能であることについては、
説明の必要がないかと思いますが、
成功してること、については、人によって解釈が違うと思いますので、
少しばかり定義を述べておきます。

成功してること、とは、ここでは、
コトを成し遂げること、偉業をなしとげること、
と、しておきます。

で、

やまいもは、この3つのバランスをとるのが肝要と考えます。

バランスをとるのが肝要といっても、
そのバランスは、人によって大きく異なってきます。
また、同じ人でも、時期によっても違ってきます。
ですので、単にバランスをとるといっても、
一概にこうすればよいということはありません。

ただ、いいたいことは、ひとつの方向にかたよってしまう、
というのは、まずいということです。

なぜなら、この3つのバランスがくずれると、うまくドーパミンがでなかったり、
途中で立ち行かなくなってしまったり、’酸化’の進行具合が早く、
早死にしてしまうようからです。


例えば、幸福であることに力点を置きすぎると、
前述のハッピーロボットになってしまう可能性があります。
ハッピーロボットは、ある意味、現実を都合よく見すぎるきらいがあります。
そうすると、正確な判断ができなく、反ってトラブル多き人生になることが予想されます。
また、大事を成し遂げるということも、叶いにくいかと思われます。
それも、ひとつの人生ではあると思いますが、
やまいもとしては、ちょっと気が進みません。


有能を一辺倒だと、どうでしょうか?
これはこれで、達成の思想でよいのかもしれませんが、
波乱万丈でとめどなくドーパミンがでるといった人生
ではないかもしれません。


また、成功一辺倒だと、どうでしょうか?
それは、無謀かつ無能な夢想家となるでしょう。

やまいもが理想とする人生は、
成功観点では、人生の遠望を抱き、大事を成し遂げ
有能の観点で、常に実務家で周囲に頼りにされ、社会に貢献し、
幸福の観点では、周りの人間との良好な関係を築き、多幸感の中で生活をおくるという、
そういう人生です。




■太鼓


この世の中の、あらゆるメッセージというものが、
この3つの観点で発せられています。

それらメッセージをバランスよく配分、摂取していくのが
よろしいかと思います。

要はバランスです。

さて、この「要はバランスです。」
というステートメントは、どのカテゴリーに属するメッセージなのでしょうか?

と振っておいてなんなのですが、
実は、このステートメントは、メッセージになっておりません。
さも、メッセージの装いをしておりますが、実のところなにも言っていないからです。
メッセージというのは、明確な方向性をしめし、その方向性でいけば
何かご利益があるということをです。


これでは、あんまりだとおもいますので、ちょっとメッセージらしきことも
いっておきます。


そのメッセージとは、やまいもが、これだけは信じたほうがよいと、
思っているものです。


「太鼓は強くたたくと、大きな音が出る」


出展は、司馬遼太郎さんの小説だったと思います。

竜馬が西郷のことを、「太鼓のようなもの」、評したそうです。

こちらが小さくたたけば、小さな音をだし、
大きくたたけば、大きな音をだすという、
そうゆうスケールの大きい、大人物であったということなのでしょう。

このストーリーに読むにつけ、わたしは、人生もまた太鼓のようなものだと感じました。

すわなち、大きく志をいだいて、人生と熱く対峙すれば
それ相当のものがかえってくる、と。

というわけで、自身も、人生の太鼓を大きく叩いていきたいものだと
思った次第でなのでございます。


(了)

スポンサーサイト
2009/04/08(Wed)  HappynessとSuccessそして有能であるということコメント(4)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

[195]
【ウェブ】http://blog.livedoor.jp/moneymassage/
【メール】kotaro.pom@gmail.com

鮮やかな論述!!

今回もありがとうございます。

私も自分のテンポで
太鼓をたたいていきたいと思います。

  • 2009/04/09(Thu) 08:53
  • 林浩太郎
  • 編集 ]
[196]
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

はやしさん

こんばんは。

太鼓は強く叩いたほうが、断然面白いです。
はやしさんを見ていても、そう思います。



  • 2009/04/09(Thu) 22:15
  • やまいも
  • 編集 ]
[197]
【ウェブ】
【メール】

やまいもさん

バランスと太鼓。ちょっと意外な結末でした。

ちなみに、私はバランスを求めるあまり、大きな音を出すことができていないようです。

  • 2009/04/14(Tue) 21:38
  • やっちゃばの士
  • 編集 ]
[198]
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

やっちゃばさん

こんばんは。確かにバランスと太鼓は一見矛盾するように見えるかもしれませんね。

でも、この一見すると矛盾、でも本当は矛盾してない
というような、そういう世界があるのではないかと
思っているのです。

これについては、次回以降お話していこうかと、思っているところです。






  • 2009/04/14(Tue) 22:02
  • やまいも
  • 編集 ]
▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。