このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

豊かな消費~解決編1~

さて、今回は「豊かな消費社会」を実現していく上で、
どうゆう風なやっていくのか、そのことについて考えてみたいと思います。

特に今回は、特に短期的な施策に絞ってみていきたいと思います。

とはいっても、この経済情勢のなか、
何が豊かな消費じゃ!
という気分の方も多くおられるでしょう。

そう、本当にその通りなのです。

その通りというのは、「気分」という部分です。

2006年から2007年にかけての「気分」を思い出して
いただきたい。

あのころの景気はすごかったですよね。
2006年などは、日経平均も4割も上昇していました。

これにつられて、みんなこぞって投資信託や株やらを始めたりしていたのでは
ないでしょうか?

なんだかんだいって、景気にとっては気分というのが重要です。

如何に気分を作っていくか、これにかかっているといっていいでしょう。

さて、今のどんな気分を作っていってやればよいでしょうか?
それは、消費が不振でこうなっているわけですので、
消費が盛り上がっていくような気分を作ってやればよいということになります。

その気分にするのにうってつけなのが、インフレです。
インフレとは、物の価値が貨幣の価値より相対的に高い状態のことです。

ですのでインフレになれば、貨幣を物に替えたほうが得なのです。
逆にいえば、貨幣で持っているのは、つまり預貯金してるのは損
ということになります。

人の心理として、人が大挙して行動変える時というのは、
行動しないと損する、という気分が醸成されたときです。


その気分の醸成法については、以前書きましたね。
インフレターゲットです。要は、日銀が国債を引き受けてやるのですね。

http://sisousei.blog33.fc2.com/blog-entry-186.html


これで、気分はグンと上がるでしょうけど、
やっぱり、先立つものが無ければ、長続きしません。

まずは雇用が無いことには、生活が不安で使う気分にはなれないでしょう。

そこで、じゃんじゃん、ばりばり、財政出動ということになります。

この状況ですから、ケチケチするのはよろしくありません。
気分を変えなくてはいけないわけですので、
思い切ったものにするのがよろしい。

あと問題は、その使い道の方向性です。

せっかく思い切ったことをやるのだから、昨今の財政再建路線で、
やりたくても手がつけられなかった分野とか。

例えば、農業とかね。

今日見つけた記事なんだけど、野菜工場なんてよいんじゃないでしょうかね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081224-00000076-san-bus_all

記事にもあるとおり、出資制限や借地の問題等いろいろあるようですが、
これで食料自給率の問題と、雇用の問題が解決できるなら
一定の財政出動も意味があるだろう。


また、短期的には、為替介入して円安にもっていくことも重要。
この消費不振の只中にあって、円高のため細る消費を海外の消費に振り向けられてしまっては、
国内メーカーにとっては、たまらないよね。


あとは、「豊かな消費社会」を実現する上での足場作り、といったでしょうか。
これについては、中長期的な施策のところでお話したほうが
よいとおもいますので、次回。


スポンサーサイト
2008/12/25(Thu)  未分類コメント(2)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

[152]
【ウェブ】
【メール】

やまいもさん
この意見大賛成です。
自給率の問題を積極的に考えていかなければ、将来の食糧危機にも対応できないです。
また農業に、人のシフトも必要です。
アメリカ経済があのような状態の下、新しい分野への導入をもっと積極的に後押しすべきです。
少子高齢化問題も、子供が生まれやすい環境を考えて、対策を打たなければ・・・。
給付金のような一時しのぎにならないようなものへ、お金を使うのは本当にヤメテもらいたいです。

  • 2008/12/27(Sat) 17:36
  • gonsuke
  • 編集 ]
[153]
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

gonsukeさん

こんばんは。農業というのはキーになるでしょうね。
円高の昨今、外国の野菜のほうが多少安いのでしょうが、やっぱり消費者は国産を選んでいるのではないでしょうか。
これは、本当にすばらしいことだと思うのです。
これこそ、豊かな消費ですよね。




  • 2008/12/29(Mon) 23:45
  • やまいも
  • 編集 ]
▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。