このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

飾り棚の上の「豊かな消費」に関する舌足らずな注釈

前々回から、やたらと「豊かな消費」について語っております。

「豊かな消費」「豊かな消費」といわれても、
どうもピンと来ていない人も多いと思います。

それは、「消費」という言葉が持っている
否定的な側面に反応しているからじゃないかと思うのです。

そこで、今回は、「消費」という言葉に関して、
舌足らずな注釈を述べることにします。


「消費」という言葉を聞くと
どんなイメージを思い起こすでしょうか。

消費者金融を思い起こしたり
消費税を思い起こしたりと、
割と否定的なイメージがあるのではないかと思います。

これには、主に2つの要因があります。

1つ目の要因は、消費が昨日話した安心・安全欲求を
脅かす、ということです。。
消費するとお金がなくなります。
お金がなくなると、食べ物やいろいろなものが
買えなくなってしまうかもしれないので不安になります。
こうして、安全・安心欲求が脅かされるのです。

2つ目の要因は、消費というのが、浪費という行為を連想させる
ということです。

浪費ということは、無駄にしてしまう、ということを意味します。
常識的に考えると、これはよくないことです。
しかし、ここでよく考えていただきたい。
なぜ、こうした常識があるのか。
常識があるということは、常識がないと
社会がうまく立ち行かなくなってしまうということです。
確かに、人々がむやみやたらと浪費をすれば、
そうなってしまうことは用意に想像できます。
そういう意味で、この常識は有用な常識だと思うのです。

しかし、逆の考え方をすれば
つまり、なぜ常識が必要だったのか
という考え方をすれば、ちょっと様相が違って見えてこないでしょうか。

僕はこう思うんです。
本当は、人は、本能のまま行動していると
浪費をする生き物なのである(※)、と。
そして、そうであるからこそ、常識が必要であった、と。

(※)子供をみていると、それはよくわかります。
 子供って、ホント、飽きっぽい。
 どんなに熱心にひとつのおもちゃで遊んでいても、
 すぐ別のいいおもちゃがあると、ポイって
 簡単にすててしまう。


ということは、浪費=悪という常識は
それが常識であるがゆえに、
本能を抑圧している、と。

以上の論拠から、浪費ということに関して
常識的な意味では悪いは、悪いのだけど、
そう目の敵にするようなものでもないんじゃないか、と。

むしろ、人に迷惑をかけない程度に、
浪費をするのがよろしい、
そして本能を開放してあげるのがよろしい、と
そう考えているわけです。

以上が、消費という言葉がマイナスの
イメージをもつ要因であります。

さて、それでは何故、日本の社会では
「消費」という言葉がマイナスのイメージ
を持つに至ったのでしょうか?

それは、上記の要因に半分答えが出ています。

ひとつは、安全・安心欲求が強すぎるゆえ
ということであります。

安全・安心欲求というのは、人にとって
第一義的に大事なものです。特に、生存に直接
かかわってくることだけに、大変強力です。
強力ゆえに、人は「ブレーキ」を踏みすぎてしまうきらいがあります。

もともと、ブレーキを踏みすぎるのが人間であるのに、
日本の外的要因が、さらに日本人の
安全・安心欲求を刺激しました。

ここ10数年の、失われた10年といわれる不況です。
それと、その不況の間の庶民の不安を
解消できなかった政治にも責任があるかもしれません。

いずれにせよ、消費という言葉に
マイナスのイメージがついてしまっている
日本の現状は、芳しい事態ではない
というのが、やまいもの認識です。

「豊かな消費」ということが社会というのが実現された
暁には、消費という言葉に対して、もう少し肯定的な
意味合いが含有されているのではないか、と。
そして、そうなって欲しいと切に願うわけであります。


スポンサーサイト
2008/12/03(Wed)  未分類コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

やまいも

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。