このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

ヒト系とモノ系


ヒト系とモノ系、この2つのタイプの人は、分類されるのだと思います。


ヒト系というのは、コミュニケーション能力だとか、対人折衝能力だとかそういったことに強いタイプ。
意識が絶えず人に向かい、
チームの和を大事にし、空気を読んで、
和気あいあい、楽しそうに仕事をする。
相手の感情や、ちょっとしたしぐさに敏感で、
人当たりもよかったりする。
さっと相手の気配を察知して、絶妙のタイミングで
絶妙の発言をする。
職種としては、営業に多いかもしれません。


それに対して、モノ系というのは、
意識が常に’モノ’に向かいます。
議論していても、相手がどういう気持ちで話しているか
は重要ではなく、主な関心は議論の構造です。

ですので、空気だけで議論が上滑りしているような場合は、
会話の流れを分断するような
発言をしてしまうこともあります。

「ちょっとまって、いまのところ、
論点は○○だと思うんだけど、
そうであれば、かくかくしかじか。。。」

という感じ。

職種としては、営業か開発かといわれれば、
どちらかといえば、開発が多い。


で、云いたいのは、ヒト系とモノ系の人たちは、
お互い仲悪いってこと。

ヒト系の人にとって見れば、
どうしてこうも、空気を読まない発言をするかね?
あなたの不用意な発言で、台無しじゃない!
もっとお客様の意見に真摯に耳を傾けるべきだ!
ってな感じ。

逆に、モノ系の人にとって見れば、
人系の人の発言は、
ちゃんと論点が整理されていないし、
議論が上滑りしているようで、ごちゃごちゃしていて
何云っているかわからない。

問題解決や、いいアイディアはいつも自分が出してるのに、
うまく立ち回って、美味しいところばかりとっていって、
疎ましいなぁ、と。

その疎ましい気分が、大変よく表現されているのが、
以下の記事です。

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20060414/1144999515

(本当に、説得力のある言葉。
 檄文とも云うべき強烈な文章で、圧倒されてしまいます。)


さて、人は心理的距離が近い人に
ラポールを築きやすいという性質があります。

であるので、基本的には、このヒト系とモノ系の人たちは
ラポールが築くのが困難です。

ですので、基本、相容れないです。
普通にしておくと、反目し合ってしまうのです。


で、こういった構図の解決策としては、
ヒト系のひとが一歩引く
これが重要であると思います。

つまり、ヒト系のひとが、モノ系のひとの
土俵におりていってあげるのです。

問題解決するのは、いつも、モノ系の人の役目です。

そのことをヒト系の人は自覚して、モノ系の人に解決してもらうよう
モノ系の人に、合わせてあげる必要があります。

では、ヒト系の人に役割がないかといわれれば、それは違います。
ヒト系の人の役割は、問題を提供することです。
そして、モノ系のひとに気分よく問題を解決してもらうことだと思います。


一番まずいのが、ヒト系の人であって、
モノ系の人に敬意を払わないタイプ。


ヒト系の人は、ヒト系であることを自覚して謙虚になる
対して、モノ系のひとは、空気をよむなんて
中途半端なことをせず、わが道をいく、
堂々と、’モノ’にまい進し、問題解決能力を高めていく、と。

こういった方向性が望ましいと思われます。


ところで、やまいもは、ヒト系かモノ系かどっちなんじゃい?
というのがあるとおもいますが、
これが、完全なるモノ系なのでございます。

モノ系のマインドをもちつつ、
ヒト系を志向するという、
左手で文字を書くような、
そういう無謀な試みをしているわけです ^^;








スポンサーサイト
2008/11/15(Sat)  未分類コメント(10)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

[118]No title
【ウェブ】http://seikatsusekkei.blog88.fc2.com/
【メール】

うーん、ボクはどちらかというと、ヒト系だけど、モノ系の要素もあるなぁ・・・
でも自分の中で強いのはヒト系かなー
空気を読む、雰囲気というものに相当気を使っている人種ですから。。。
欲張りですから、両立したいな^^ヘヘ

  • 2008/11/15(Sat) 18:04
  • リックルハング
  • 編集 ]
[119]No title
【ウェブ】
【メール】

こういったことは職場ではよくありますね。上司が部下の立場に下りていくようなマインドが必要だと思います。リーダーに向くのはやはりヒト系なんでしょうね。

  • 2008/11/15(Sat) 18:29
  • やっちゃばの士
  • 編集 ]
[120]No title
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

リックルハングさん

こんばんは。

>両立したいな^^ヘヘ

そうですね。両立が最強でしょうね。僕は、モノ系のヒトがいるときは、ヒト系に徹する。でも、モノ系不在の場合は、モノ系にしょうがなくなるという風にしたいと思っています。
自分がモノ系として、しゃしゃりでて、本来のモノ系の人をつぶしてもしょうがないですからね。

リックルさんは、どう両立するんでしょうかね?興味のあるところです。




  • 2008/11/15(Sat) 22:42
  • やまいも
  • 編集 ]
[121]No title
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

やっちゃばさん

こんばんは。

>リーダーに向くのはやはりヒト系なんでしょうね。

そうでしょうね。ただ、ヒト系の役回りもできるモノ系のひとであれば、リーダーは勤まるのではないかと思いますが、いかがでしょうか?



  • 2008/11/15(Sat) 22:45
  • やまいも
  • 編集 ]
[122]No title
【ウェブ】http://gokujoubusiness.blog120.fc2.com/
【メール】

こんばんは~。

ああ、「ヒト系」と「モノ系」のこの区分、営業も制作も経験している身としては実感できますねえ。
確かに、職種によってそういった傾向があり、「仕事ができる」とされているのは双方を兼ね備えている人のような気がします。

ちなみに僕は「モノ」に軸足を置きつつ「ヒト」に触手を伸ばす、たぶんやまいもさんと似たカテゴリーに入る者です。


  • 2008/11/17(Mon) 21:32
  • ドクエメット
  • 編集 ]
[123]No title
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

ドクエメットさん

こんばんは。

>「仕事ができる」とされているのは双方を兼ね備えている人

確かにその通りですね。
兼ね備えていながらも、ちゃんと自分はどちらがわの住人か把握していて、きちんと自分のいるべき場所にいる。これが理想でしょうかね。やっぱり、分かり合える人種といたほうが、居心地がいいのは確かなような気がします ^^;


  • 2008/11/18(Tue) 23:25
  • やまいも
  • 編集 ]
[124]No title
【ウェブ】
【メール】

ぼくは、99%ヒト系です。
ビジネスパートナーはモノ系ですが
今のとこうまく噛みあっています。
そのひとは女性ですが、これが男性なら
めちゃ合わない感じは相当ありますね(笑)

  • 2008/11/20(Thu) 08:17
  • JK
  • 編集 ]
[125]No title
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

JKさん

こんばんは。

モノ系が男で、ヒト系が女であれば、社長とその秘書という感じで、うまくいくイメージもありますが、その逆でもうまくいくんですね。

きっとお互いを理解しあっているのでしょうね。^^;

  • 2008/11/22(Sat) 01:15
  • やまいも
  • 編集 ]
[126]No title
【ウェブ】
【メール】

やまいもさんのスケベ^^

  • 2008/11/22(Sat) 07:47
  • JK
  • 編集 ]
[127]No title
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

>やまいもさんのスケベ^

あはは、否定はしません。^^;


  • 2008/11/23(Sun) 13:01
  • やまいも
  • 編集 ]
▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。