このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

インフレターゲットについて考える

さて、前回、前々回と経済対策の話をしてきました。

今回もまた、経済対策の話をします。

今回は、やまいもが思う抜本的な経済対策をお話します。

これまで見てきた経済対策というなかで、どうしても
問題になってしまうのは、財源、です。

この問題に、決着をつけない限り、
対策をうてば、バラマキだといわれ、
対策を打たなければ、無策・無能だといわれ、
じゃあ、どうすればよいねん?
という状況になってしまうわけです。


というわけで、今回はこの財源の問題まで
踏み込んで、対策を考えてきます。


さて、前回、前々回もふれましたが、
景気をよくするには、消費することにインセンティブを
与えてやる必要があります。


このもっとも簡単な方法は、実は
インフレにすることなのです。

これにうってつけなのが、インフレターゲットという政策であります。
この政策の内容は、
「中央銀行が物価上昇率をある一定の範囲におさめることを宣言しコミットする事。」
です。

具体的には、日銀が国債を引き受け、マネーサプライを増やしてやる
ということをやります。

そんなことして、国債を大量に発行して国際価格が暴落しちゃう
んじゃんという疑問があるかもしれませんが、それは心配には
及びません。なぜなら、発行した国債は日銀が引き受けるため
市場に出ないからです。

こうして、マネーサプライを増やしてやるとどうなるか。

物の価格というのは、とても単純に決まります。
貨幣供給と物の供給のバランスの上に成り立つのです。
したがって、マネーサプライを増やしてやると物の価格が上がります。
つまりインフレになります。

インフレということは、逆に言えば、お金の価値が相対的に低下するということです。

そうすると、今まで預貯金などが目減りしていき、
預貯金でもっているより、物を買うほうがいいじゃん、
ということになります。
こうして、好景気になります。

貨幣の価値が下がってくると、もうひとつ
大変大きな効果があります。

それは、借金が目減りするということです。
仮に貨幣の価値が半分になったとすると、
借金も半分になってしまうのです。

例えば、3000万の借金が、インフレになると
1500万の借金になってしまう
つまり、一部借金の棒引き効果があるというわけです。

今回のエントリー冒頭で、財源の問題に言及します。
というようなことをいいました。
実は、インフレターゲットのもつ、この借金の棒引き効果が
財政の問題に解決を与えます。

要は、一時的な国債の発行だけで、景気回復をして、
景気回復しながらも、国の借金が目減りしていくという
大変魅惑的な施策となっているわけです。

ここで、どうも話がうますぎると感じたかたもおられると思います。

そうなのです。確かに、あやうい側面があることは事実です。

それは、パイパーインフレになってしまうのではないか、という懸念と、
通貨危機を招いてしまうのではないかという懸念です。

まず、パイパーインフレになってしまうのではないか、という懸念。
これは、こつこつお金を稼いで貯蓄をしているより、
どんどん物を買って、パーッと使ってしまったほうが
いいよねっていう気分が蔓延すると、歯止めがかからなくなってしまう
という懸念です。

次に通貨危機を招いてしまうのではないかという懸念。
これは、円の価値が下がるわけですので、
円建て資産をもっている外国人投資家にとっては、
資産の目減りを意味します。
そうなると、外国人投資家の資金が引き上げられてしまう
ことが考えられます。

云っていることは、もっともだと思います。
しかし、それでも、今の状況ならこの魔術的なインフレターゲットも有効だと考えます。

理由は、以下です。

まずは、ハイパーインフレの懸念について。
インフレに歯止めをかけたかったら、オーソドックスではありますが、
金利を引き上げるということをやればよいのだと思います。
確かに、預貯金は増えるとは限りませんが、
借金をすることへの負のインセンティブがはたらきますから、
無制限に消費が拡大するということは無いわけです。
それに、ここ10年に及ぶ日銀の悲願、利上げを行うことが
できるわけですので、渡りに船だといえます。
これも、現在の極端に低い金利だからできることなのです。

次に、通貨危機の懸念について。
現在、サブプライムショックの痛手が日本の金融機関は
相対的に少ないため、消去法的に円買いが進んでいます。
このように、状況下で、インフレターゲットを掲げたら
現在の円高を相殺してくれるという効果が期待できます。
こうして、円高が少しでも落ち着いてくれば、
円高に苦しむ輸出セクターも一息つけるのではないかと思います。

以上みてきたとおり、インフレターゲットというのは、
魔術的で危険な側面を持ちつつも、現在の日本の状況を
かんがみれば、大変、有効な側面を持つことは確かだと思うのです。


PS.この記事を書いた後、同じようなことを考えていた人をみつけたので、トラックバック!
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20081103/p1
スポンサーサイト
2008/11/02(Sun)  未分類コメント(2)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

[100]No title
【ウェブ】
【メール】

なるほどインフレターゲットですか。なかなか鋭い指摘です。

物価が高くなったと言われていますが、モノを売る自らの立場から言うと、断然お金の価値のほうが高いです。それでも、不況というニュースに敏感な人々はお金を貯蓄に回すんでしょうね。

日本の今の状況ならヒットするかも。

  • 2008/11/03(Mon) 21:32
  • やっちゃばの士
  • 編集 ]
[101]No title
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

インフレターゲットというのは、
小泉政権のときに盛んに議論になった政策のようです。

そのころより、今のほうがタイムリーな感じがしますね。


  • 2008/11/03(Mon) 22:00
  • やまいも
  • 編集 ]
▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。