このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

追加経済対策の論理

まずは、この記事を読んでいただきたい。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
【追加経済対策】有識者らは辛口「消費に回らない」

10月30日23時32分配信 産経新聞

 麻生太郎首相が30日午後、発表した追加経済対策。高速道路料金を1000円以下にすることや、「4人家族で約6万円」になるという給付金など、大胆にも見える政策だが、識者からは厳しい批判が相次いだ。

 経済ジャーナリストの荻原博子さんは「冬のボーナス減の見込みの企業が多く、給付金をもらってもまずはボーナスの補填(ほてん)として貯蓄に回すのが普通」と、給付金は消費に回らないと指摘。「住宅ローン減税は、高額なローンを組むほど得で、庶民ではなくセレブ向けの政策。高速道路料金を1000円以下にしても、庶民が使うのは盆暮れと正月ぐらい。もっと物流業界を意識すべきだ。選挙を意識した内容で、ピンと来ない」と厳しい評価だ。

 東京・高円寺でリサイクルショップ「素人の乱」を経営し、貧乏人の逆襲!タダで生きる方法」(筑摩書房)の著書がある松本哉さんは、「高速料金の引き下げは、車を持ってない貧乏人には関係がない話。給付金は確かにうれしいが、若い人だったらパァーっと飲みに行って終わるのでは。必要のない人にまでばらまくのは無駄な政策で、本当に困っている人は、少しの給付金だけでは根本的な解決はできない。今回の対策はまったく貧乏人の視点がない」と憤る。

 経済アナリストの森永卓郎さんも「企業向けだった前回の緊急対策に比べれば方向性はましになったが、効果はほとんどないだろう。赤字国債を出さないがため思い切りがない。つかみ金を渡し、3年後に消費税で回収するようなもの。本来なら社会保障費をカットしない約束や、年金の現役世代手取り50%保証など、中長期的な政策を打ち出せばいいのに、あらゆる面で中途半端となった」と批判している。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

どのような感想を持っただろうか?

お三方、どれももっともらしく聞こえると思ったかもしれない。

しかし、論理のやまいも選手は、こう思ったのだ。

論理的でない 、と。

まず、確認しないといけないのは追加経済対策の目的である。
如何に目的を達せられているかが、評価の対象となるべきである。

で、追加経済対策といっているのだから、
景気がよくなること、というのが、目的であろう。

景気がよくなるということは、消費が伸びるということである。

ということなので、追加経済対策に対する
評価ということであれば、この点に触れているべきである。

さて、この観点で、お三方の意見を見てみることにする。

【萩原博子さんの意見に対して】
「ボーナスの補填(ほてん)」のくだりは、消費に言及しているので○。

しかし、次の「住宅ローン減税」のところは、セレブ向けの対策だから
ダメだといっているが、この部分は矛盾している。
というのも、消費を増やすためには、高額な商品がうれるというのは、
大変効果的である。であるから、セレブ向けの対策は、
経済対策という意味では、有効であるはずである。
したがって、高額な商品を買うセレブ向けの対策であるから、
本来はよいと言うべきである。

【松本哉さんの意見に対して】
貧乏人の意見を代表している時点で、ちとつらい。
「今回の対策はまったく貧乏人の視点がない」といわれても、
貧乏人はお金をつかわないわけで、そういう人への対策は
社会保障という分野であって、経済対策ではない。
よって、経済的に苦しい人に対して対策を打たないで
よいということではないが、経済対策への評価としては×。

【森永卓郎さんの意見に対して】
庶民の味方というイメージの森永の見解であるが、
実に森永さんらしい、意見であると思う。
しかし、庶民の立場に立つのはよいが、
肝心の消費に関して言及しているかというと、
直接的には言及しているわけではない。
中長期的に安心感を与えるような施策が、
消費につながるという仮定をおくのなら、
一応の回答にはなっているが、
庶民が助かるかどうかにフォーカスを当てすぎて、
ピントがぼけている。


では、やまいもはどう考えるんじゃ?
ということだが、これは、次回に持論を述べることにする。
(とっても魅惑的な経済対策をご披露する予定なので、
 ご期待いただきたい。)


ところで、以前「論理のやまいも選手」というエントリーで、
目的を考えるくだりを紹介した。

この目的を考えることが、
物事を考える上で、とっても重要なポイントと思うのだ。

美名を振りかざして、あれやこれやというのは、
確かに心情としてわからなくもないが、
そうすると何をやっているのかわからなくなるのが通常だ。

本エントリーを論理のやまいも選手、実践編として
読んでいただくのもよろしいか、と思う。

なお、誤解が無いように言っておくが、困っている人を助けなくてよい
といっているわけではない。
逆に、そういった対策は社会保障という
カテゴリーで手厚くやってもらいたいというのが、
やまいもの思いなのである。



スポンサーサイト
2008/11/01(Sat)  未分類コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。