このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

続 そして

「そして」の話の続きです。


前回、「そして」は、あまり使わないほうがよい
ということをお話しました。

しかし、実は、本当は使ってもいいとも思っているのです。

というのも、
「そして」をつかっていたとしても、文脈が十分クリアで、
読みにくくならなければ、それでいいじゃんとも思うからです。

例えば、次の文章は十分わかりやすい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 9月15日、米国のリーマン・ブラザーズ証券が経営破綻した。158年の歴史を持ち、全米第4位の証券会社が姿を消すことになったわけだ。

 同時に、全米第3位のメリルリンチも、バンク・オブ・アメリカに買収された。半年前に破綻した全米第5位のべアー・スターンズを加えると、米国の第3位から5位までの証券会社が、わずか半年の間に消えるという異常事態が起こったのである。

 そして、証券第2位のモルガン・スタンレーも、三菱UFJフィナンシャル・グループから1兆円近い出資を受けることになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

森永卓郎 「今まさに瓦解する市場原理主義」より
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/154/

じゃあ、なんで使わないほうがいいといったかというと、
がんばって、リフレーズしていくと、
論理力のトレーニングになるからです。

たとえば、先の森永さんの文章の「そして」だと、

A、B、C and D

というときの、’and’の役割をしている
なんてことを、分析できたりしてしまう。

この分析する過程で、つながりを考えるという作業をします。
このつながりを考えることこそが、論理そものであるわけです。

ウェキペデアで「論理」をしらべてみると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
論理とは思考の法則、思考のつながり、推理の仕方や論証のつながりのことである。 よく言われる「論理的に話す、書く」という言葉は、つながりを的確に、論証を的確にということである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


とあります。

つまり、論理=つながり であるわけです。


そのつながりをつくる接着剤の役割を果たすのが、
接続詞であるとしたら、接続詞を考えることは
論理力のトレーニングであり、
同時に思考力のトレーニングであるともといえるのです。


スポンサーサイト
2008/10/24(Fri)  未分類コメント(2)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

[82]No title
【ウェブ】http://gokujoubusiness.blog120.fc2.com/
【メール】

こんばんは~。

おっしゃるとおり、論理がしっかりしているってのは、言葉と言葉のつながりが強固であるってことなんですよね。だから接続詞を意識すれば、論理性を高めることになる。

「そして」をあまり使うなってのは結構言われることではあるのですが、んなことねえだろうというのが僕の意見です。
普通の文章で普通に使われていれば、読みにくいことはまったくないですよ。(ただ、バリバリ形式論理的に「証明」しようとするときはその限りでないですが)。


ちなみにやまいもさんの記事、くしくも今日の僕の記事とまったく同じ事を言っているのです。
う・・・これが特許競争であれば負けているところであった。。。

よろしければ拙ブログにもお立ち寄りください。



  • 2008/10/24(Fri) 21:19
  • ドクエメット
  • 編集 ]
[84]ドクエメットさんへ
【ウェブ】http://sisousei.blog33.fc2.com/
【メール】

>ちなみにやまいもさんの記事、くしくも今日の僕の記事とまったく同じ事を言っているのです。

いやー、ぶったまげました!
シンクロニシティを感じざるを得ませんね。

論理構造や頭の中って、本来階層構造をしていたりするので、それを無理やり線形構造という文章の形であらわすから、難しいんでしょうね。

いろいろいいましたが、「そして」、に関しては、みんな気にせずにつかいましょう。

がちがちの論説文を書くわけでもないわけですしね ^^;




  • 2008/10/25(Sat) 22:43
  • やまいも
  • 編集 ]
▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。