このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

これからの希望について

今回は希望についてのお話です。

麻生外務大臣は、いいました。

「朝、希望をもって目覚め、昼、勤勉に働き、夜、感謝の心をもって眠りに就く。」

と。

大変素晴らしい言葉だなぁと思う。
本当に、こういう生活をすることというのが、心の健康っちゅうことなのだろうと思う。

で、どの程度自分が実現できているかということですが。

まず昼については、問題ない。
夜。これも、”いいひと”を標榜している私としては、ここを落とすわけにはいきません。


で、問題は朝です。
朝については、極端に朝に弱いということもあるが、
ちとあやしくなる。


前回、話がわかるプロマネが職場環境をよくすることは、
強力な社会インフラになる、という話をした。

ここで、物足りなさを感じた方もいたかもしれません。

なんだ、あなたのやっていることは、単なるインフラですか。
縁の下の力持ちですか。それじゃ、サーバントマネージャ(奴隷的管理者)だね。
もっと、スローガン的なものを発して、ぐいぐいみんなを引っ張っていくリーダー、
こういったことでないと、魅力、感じないなぁと感じた方もいるかもしれません。

確かに、おっしゃることはわかりますが、ちょっと、これから
言い訳をするので、聞いてください。

先日から漢字の勉強を始めました。

今日の漢字
http://www.kyounokanji.com/index.shtml

このサイトで、毎日漢字の書き取りテストをしているのですが、
頭が冴えているかどうかで、非常に点数の開きがあります。

頭が冴えているときは、17点くらい。
だめなときは、11点くらい。

これは、問題の難易度で差が出ているわけではありません。
このテストを一緒している人もいるのですが、そのひとはだいたい17、18点くらい。
なので、これは、自分の頭の冴えが原因で、点数の開きをもたらしている
のだと思います。

さて、この1.5倍のパフォーマンスの違いをもたらすのが、
話のわかるプロマネがもたらす職場環境の良さだとしたら、
どうでしょうか?

物足りないですか?


よく、会社でトップがかわると、業績がV字回復するという話がありますが、
これが、管理職の力です。

ねむっている力を、掘り起こすこと、これこそが管理職の力なのだと
思います。
その掘り起こす手段として、私は、

「”話のわかるプロマネ”がコミュニケーションという社会インフラを整備する」

ということをやりたいという訳です。


では、スローガンは必要ないのかということですが。
それは、それであったで越したことはない。でも、それが、
1.5倍のパフォーマンスの違いをもたらすかといえば、どうも怪しい。
企業理念というものは、あるけど、それって、やっぱり
きれいごとじゃん、ってのが実際のところ多いんじゃない?

企業理念をみて、やるきがどんどんわいているかといわれれば、
そうでもない。

スローガンで、引っ張っていくのは難しい。
となると、やはり人間の魅力で、となると、これはカリスマの仕事です。

これについては、また、別の機会にお話しすることにします。


さて、若干前置きがながくなりましたが、元に戻って、希望の話です。

構造的には不幸な状況にあるが、これを解決するのがインフラの整備なのだ
という話をしたわけですが、

これは、システム業界に限った話ではないと思います。

どうしても、会社が成熟してくると、会社の本体というものは、
”長縄跳び的”に説明責任の生産をする
ということになってくる。

こうなると、構造的にはどうしても不幸になってくる。

しかも、価値観は多岐にわたっており、一つのスローガンで
まとめられるほど、単純ではなくなる。

また、今の中国のようにスローガンや社会インフラさえ必要ない国と比べたら
負けてしまうに決まっています。


何回か前に、日本語の微妙な違いにからめて、差異の生産の話をしました。
そこでの言葉をつかっていうなら、
モード的価値を生み出すこと、
そこを支えているのが、インフラなのだ、

ということになります。

まとめます。


僕らは構造的には、とても、不幸です。
そして、価値観をも多岐にわたっているため、
それをたちどころに解決するスローガンがもありません。

なので、僕たちが朝、希望をもって目覚めるためには、
整備された社会インフラの中、
最大限個人の力が発揮される状況で、
モード的価値の創造を行うこと。


こういったことが必要になってきます。


【ブログランキングに参加しています。ポチッと一票入れてくださいね!】
ランキング
読んでいただいて、ありがとうございます。
スポンサーサイト
2007/07/08(Sun)  未分類コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

やまいも

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。