このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

大人の人生はおもしろいか

この質問に答えようとすること。これこそが、僕らの創造と豊穣の源泉なのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

アーキテクト

前回からの続きです。


前回、スーパープログラマのシステム開発は
大変すばらしいというお話をしました。

本当にそうであると思います。
特に、スーパープログラマの立場では。

スーパープログラマの立場とは、
”システムとは、実際に動くシステムのことである。”
という立場です。

まったく、素朴な素直な考え方であり、当然といえば、
当然です。

しかし、世の中の多くのシステムでは、
スーパープログラマ的な手法はとられていません。

なぜなら、スーパープログラマ的な手法だと
そのシステム担当者の説明責任が果たせないからです。

なぜなら、通常の開発よりも1桁安い金額で出来るというからには、
なぜ、安い金額できるかを説明しなくてはいけません。

でも、実際のところ安い金額でできる理由は、
”だってスーパーなんだもの”
”できるものは、できるの!”
といったものなので、なかなか担当者を説得できません。

じゃあ、どのようなプロセスで開発するのかね?
各フェーズごとに提出するドキュメントはどんなものがあるのかね?

なんて、いわれても。

プロセス?みんなで、わーってな感じでやります。

とか

ドキュメント?ソースがドキュメントです。

といった感じなので、スーパープログラマ的手法は、”説得”という言葉にはなじまない
ようです。


以前、会社とは説明責任を生産しているところだと、お話しました。
なので、会社活動である以上、システムの開発手法をとっても、
より説明責任の果たせる手法を選択することになります。

では、スーパープログラマはどこで活躍するかというと、
お金の動かない、オープンソースの世界であったり、
説明責任の範囲が限定されるパッケージソフトの世界であったり、
やや特殊な限定的な世界ということになります。

こう考えていくと、やっぱり多くのシステム開発の現場では、
”長縄跳び”をしないといけないということになります。

その”長縄跳び”のなかで、中心的役割をはたしている
種族がいます。

その種族を、アーキテクトと呼びます。

アーキテクトは、

技術的に難しい部分をフレームワークの中に閉じ込めて
一般のプログラマに難しいことをさせなくする。

とか、

開発の手順、雛形をつくって一般のプログラマの作業の
ガイドラインを作ります。


とか、そういった、迷える子羊たち(一般のプログラマ)を統率するシープドックのような
役割を果たします。

実際に、一般のプログラマが迷える子羊かと問われれば、そうではなく
優秀な人も多々見られます。

しかし、長縄跳びは、一人の失敗が全員の失敗となってしまうので、
どうしても、迷える子羊と仮定した開発手法をとることになります。

つづく。


【ブログランキングに参加しています。ポチッと一票入れてくださいね!】
ランキング
読んでいただいて、ありがとうございます。
スポンサーサイト
2007/06/10(Sun)  未分類コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ
| HOME |
▲このページのTOPへ
プロフィール

Author:やまいも
金融系システムの仕事をしています。
趣味は理屈をこねること。
そして、こねた理屈で人類の幸福を希求する。
これが私の願いなのです。

代表的な記事としては、次のものがあります。

「空気を読む」という言葉に内包されている危険な側面
人類の進化という観点から捉えた金融危機の意味について
自由論
HappynessとSuccessそして有能であるということ
やさしさについて
自我(エゴ)

twitter表示プラグイン
twitterユーザ名:yamaimo_
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。